薬に頼らず自然治癒力で血圧を下げたい方へ
HOME > 医師も断言!「薬では本当の解決は得られません」

医師も断言!「薬では本当の解決は得られません」

ここまでで、血圧の仕組みや下げるコツを解説してまいりました。皆様の中には、お医者様から降圧剤を処方され服用中の方が多くいらっしゃると思いますが、やっぱり、「できれば薬は飲み続けたくないなぁ」というのが本音ではないでしょうか。そこで「ほとんどの人は、血圧の薬を飲む必要がない」と提言されている、埼玉県おおみや診療所の松本光正医師のお話をご紹介させて頂きます。実は、以前に松本先生の講演を聞かせて頂いたことがあります。
製薬会社の研修の場だったのですが、松本先生は、製薬会社やドラッグストアの経営者を前に、「いや〜本当は薬は飲まない方がいいんですよね。」と正直に話されていました。薬の関係者を前にしても、真っ直ぐにお話されることに驚き、その誠実なお人柄に感銘を受けました。それでは、松本先生の著書の中から、血圧についてのお話をご紹介しましょう。

高血圧は自然な身体の反応です

そもそも年齢を重ねると血圧が高くなるのは、自然な身体の反応で、病気ではありません。年とともに、血管も老化し硬くなります。そして、硬くなった血管を通って血液を身体の隅々まで届けるには、血圧を上げて力一杯に血液を押し出す必要があります。こうして加齢と共に血圧は高くなりますが、それは身体にとっては自然なことで、年齢に90を足した数値が血圧の適正値と考えれば丁度いいでしょう。
(つまり60歳なら150位の血圧、70歳なら160が適正な血圧となります。)

血圧の基準値が年々低くなる理由

体内の状況は人によって違います。それを一定の値で「血圧が高い」と線引きすること自体に無理があります。実は1987年に始まった老人基本健診では、血圧180以上が高血圧とされていましたが、2008年には140以上が高血圧、130になったら保健指導を受ける血圧水準に変わっています。実は、数値が変わったということだけで治療が必要とされる人数が約9倍となり、1300万人強も増えているのです。しかも、70代の二人に一人は降圧剤を飲んでいるという異常事態がおきています。

降圧治療で脳梗塞の恐れが2倍に

「でも血圧が高いと脳卒中が心配」と言う方も多いかもしれません。
しかし、すでに2006年12月31日時点で日経新聞の記事に、降圧治療で脳梗塞の発症率が2倍に増えると言う論文が発表されていました。脳梗塞は、脳の血管が詰まり脳の組織や細胞が死んでしまう病気ですが、実は、心臓は血圧を上げることで、脳の血管に詰まったゴミを押し流そうとしています。つまり血圧を上げて脳を守ろうとしているのです。そこに薬で無理やり血圧を下げると、ゴミは残ったままで血液の流れが弱まり、脳梗塞を起こす危険が高くなってしまうのです。
だから、薬で無理に下げるのではなく、根本的な原因を見極めて解決することが大切です。(詳しくは、「血圧心配症ですよ!」本の泉社・松本光正著をご参照下さいませ。)

目と血圧の意外な関係

高血圧の方に多いのが、目に関する悩みではないでしょうか。
免疫学で有名な医師・安保徹先生も、目の疾患と降圧剤との関係には注意が必要で、目の血流に気をつけるよう話されています。
目は人間の身体で最も特殊な臓器で、血液を十分に受け取り、エネルギーを補給する必要があります。しかし血圧降下剤を使用すると、確かに血圧は低くなりますが、その反面、本来必要な血のめぐりまで低下し、目に十分な血液が行かなくなる恐れが出てきます。

 

すると、血液によって運ばれるはずの栄養分やエネルギーが不足し、目の疾患という副作用が出てしまうのです。

 

また同様に食生活やストレス等で血液が酸性に傾くことで、血液がドロドロになって血流が悪くなり、目に必要な血液が届きにくくなります。すると本来必要な、栄養分やエネルギーが不足し、目の疾患につながる恐れがあるのです。(ザ・フナイ2010年7月号「未来型の医学と新しい可能性」より)

 

松本先生や安保先生のお話からも

血液のめぐりをよくすること 血液を弱アルカリ性に保つこと

の重要性がわかりました。その為には、薬に頼りきりになるのではなく、食事や運動を通して、血液を弱アルカリ性に保ち、自然に血流が良くなるようにすることが大切です。(ちなみに代表的なアルカリ性食品として、酢、野菜や果物、海草類、梅干などが挙げられます。)

 

機械ならば壊れた所を取り替えればすみますが、私達、人間の身体は機械と同じようにはいきません。悪い部分だけを薬で治すのではなく、身体全体のことを考えて、根本的な原因を改善する必要があります。それによって身体の持ついのちの力、自然治癒力が高まり、本来の健康を取り戻すことができます。血圧の改善を一つのきっかけとして、生活習慣を整え、自然で健康な身体作りをはじめてみてはいかがでしょうか。

血圧サポートに贅沢ブルーベリー酢
ページのトップへ